鼻盛り加工

HOME | 鼻盛り加工

気に入って買ったけど掛けにくいメガネ・サングラスに
鼻盛り・鼻当て加工をすることで
掛け心地の良いメガネに仕上がります。

気に入って買ったけど掛けにくい
メガネ・サングラスに
鼻盛り・鼻当て加工をすることで
掛け心地の良いメガネに仕上がります。


料金

当店でご購入のメガネ ¥3240(税込)
他店でご購入のメガネ ¥5400(税込)

そんなお声にお応えしようと光学堂では鼻盛り・鼻あて加工をしています。
以前は当店で購入したメガネ・サングラスのみでしたが、鼻盛り・鼻あて加工をして欲しいとのご要望を受け、他店でご購入のメガネ・サングラスも承っています。
ご来店して頂くことが一番望ましいですが、遠方にお住まいで直接ご来店頂けない方などもお送りいただければ加工致します。
鼻盛り加工や鼻あて加工をするために一週間程度眼鏡をお預かりいたしますので、予備のメガネを必ずご用意下さい。まずは、当店にご相談下さい!!

光学堂では3タイプから、お客様の掛け具合、
フレームの素材・形状によって使い分けをしています。

 鼻盛り加工(パッドタイプ)

 専用の接着液を使います。素材によってパッドが接着できないものがございますので

 まずはお問い合わせ下さい。※差し込みタイプをご案内する場合もございます。
 



 鼻あて加工(クリングスタイプ)

 クリングス接着タイプ
 専用の接着液を使います。めがねフレーム素材によっては接着できないものもあります。
 鼻パッドはネジ式なので、お近くの眼鏡店で鼻パットを交換することができます。

 
 



 クリングス差し込みタイプ
 ほとんどのメガネに対応できるタイプで、フレーム素材を選ばず鼻あて加工をすることができます。
 ※劣化の激しいメガネやデザインによって差し込みができないメガネはお断りする場合がございます。
 鼻パッドはネジ式なので、お近くの眼鏡店で鼻パッドを交換することができます。

 
 


ほとんどのメガネフレーム・サングラスに鼻あて加工することができますが、
メガネフレーム・サングラスのデザイン・形状、使用の程度により取り付けのできない場合もあります。
(劣化の激しいもの
お断りしています。)あらかじめご了承ください

加工手順(一例)

①ヤスリでパッド部分を平らになるよう削っていきます。


②削り終えた状態。
③サンドペーパーで表面を磨いた後にバフで艶出しをします。
④ここからお客様の要望に沿って高さを考慮しながらパッド(もしくはクリングス)を付けていきます。
⑤クリングスを取り付けた状態。
⑥正面から見ても目立たずスッキリしています。(フィッティングの結果によっては見えてしまうこともございます)
⑦上から見た状態。高さも調整可能です。
⑧幅、角度も調整できます。

鼻盛り・鼻あて加工をご希望のお客様へ


当店へ直接ご来店頂けない場合でも、フレームを送っていただければ鼻盛り・鼻あて加工を承ります。
フレームの素材や程度により、鼻盛り・鼻あて加工ができないものもございます。

送りでの加工を希望される場合は、まず以下の情報をメールにてお知らせ下さい。
 
○ ブランド名
○ 使用年数
○ 鼻あてが付いている側の写真・・・写真で最終判断をします

お問い合わせはこちらのメールアドレスへ
kougakudo@yahoo.co.jp
 
フレーム送り先
めがねの光学堂
〒220-0051
神奈川県横浜市西区中央2-6-5

045-321-3333

ご来店されるお客様へ
ご来店いただいた場合、フレームを直接拝見して可能な加工方法をご提案致します。
アクセスにつきましてはこちらをご参照ください。

過去の作例

以前に当店で加工したフレームを一部ご紹介します。
加工を検討されている方はご参考下さい。

 

 

MOSCOT LEMTOSH
モスコットの中で定番のレムトッシュ。
日本人の顔形に合いやすいので人気ですが、
鼻幅が広いので鼻筋が太くないと掛けにくいのが難点ですね。

元のイメージを崩したくないお客様のご希望で鼻盛りで
加工致しました。







 
MOSCOT LEMTOSH ②
こちらのレムトッシュはクリングス加工をしました。
鼻盛りでは掛け心地の改善が難しく、お客様も掛けやすい方が良いとのこと。
クリングスは細かい調整が可能なので非常に掛けやすくなります。







 
TOM FORD  TF5178
トムフォードの中でも特に人気の高いモデルですね。
掛けやすさ重視でクリングスタイプで加工しました。
 







 
TOM FORD  TF5276
こちらもトムフォード。
クリングスタイプで加工しましたが、元々付いていたと言っても良いバランスだと思います。
 







 
Ray-Ban  RX5121
レイバンの超ロングセラー、ウェイファーラーのメガネタイプ。
このフレームはアジアンフィットのモデルでも前傾角が深いので
掛けるとほっぺたがぶつかる方が多いと思います。
 取り付けるパーツが鼻幅が狭まる形状なので鼻盛りタイプでも掛けやすくなります。







 
CHANEL
シャネルのレディースフレーム。
こちらをお客様が掛けるとかなりほっぺたに当たってしまっていたので、 顔から離すことが出来るクリングスタイプで加工しました。







 
GUCCI
分かりにくいですがこちらはグッチのサングラスです。
こちらをお使いのお客様はまつ毛がぶつかってレンズが汚れてしまうそうです。
 顔から離せて細かい調整も可能なクリングスタイプで加工しました。







 
JINS
こちらのJINSのフレームは樹脂素材で、鼻盛り加工と貼るタイプのクリングスは付けることが出来ません。
元々付いていたパッドだと鼻が痛くなるそうなのですが、クリングスタイプであれば痛くなりません。






 
Ray-Ban サングラス
こちらのレイバンも鼻盛りや貼るタイプのクリングスは加工できませんので差し込みタイプのクリングスのみ可能です。
レイバンはこの素材を使用することが多いです。





 

お問合わせ
045-321-3333
045-321-3334

営業時間
10:00-19:00
定休日
毎週水曜日

 


鼻当て加工やってます。



facebookで情報発信しております!